診療案内診療案内

一般歯科

CARIES

虫歯とは

う蝕とは脱灰と再石灰化の間を揺れ動く流動的なプロセスである。-A.scheinin

                            

虫歯(う蝕)は、プラーク中の細菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌など)の感染によって起こります。飲食した食べ物から栄養を取り、酸を作ります。この酸によって歯が溶かされてしまった状態が虫歯です。

虫歯の原因について

虫歯は、原因菌である虫歯菌(ミュータンス菌)の感染によって起こります。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。例えば、母親や、周囲の大人が口移しで食べさせたり、同じスプーンや箸を使うことによって、唾液を通じて感染し、そのまま子供の口の中に菌が棲みつきます。

母親の虫歯菌が多いと、子供の虫歯菌の数も多く、虫歯になるリスクが二倍以上高いというデータもあります。

虫歯の進行度

Caries Flow

1

C0:要観察歯

歯の表面が白く濁り、透明感がない状態の要観察の歯です。
歯に付着している歯垢(プラーク)や汚れを除去して、
フッ素化合物を塗布して歯の再石灰化を促します。

受付画像
2

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
虫歯の部分だけを正確に治療し合成樹脂(レジン)を充填します。

検査画像
3

C2:象牙質に達した虫歯

エナメル質の内側の象牙質に虫歯が達したものです。
象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、虫歯の進みかたが速くなります。

C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、
範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、
金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

カウンセリング画像
4

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

象牙質の内側の歯髄にまで虫歯が達したものです。
この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、
根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。

また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、
クラウンなどの被せ物をします。
症例によっては、特殊な抗生物質を用いて
歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

治療画像
5

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、
やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、
ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

メンテナンス画像

痛みに配慮した治療

Treatment

1

表面麻酔

注射の針が刺さる痛みを和らげるために使用するもので、歯肉の表面にだけ麻酔することが可能です。
ジェルタイプとシートタイプのものがあります。

治療画像
2

麻酔薬ウォーマー

麻酔薬を体温の温度に保温する機器です。
麻酔液の温度が、体温に近いほど歯肉に麻酔薬が入るときの痛みを和らげることができます。

治療器具の画像
3

自動麻酔器

麻酔薬を体内に注入するときに一定のスピードで注入すると患者様の感じる痛みを軽減できます。

治療機器の画像
2

径の細い注射針

当院では35Gの注射針を使用しております。

治療器具の画像
3

笑気麻酔鎮静法

笑気ガスを使用した笑気麻酔鎮静法は、歯科治療においての恐怖心・ストレスなどの精神的苦痛や痛みの緩和に役立ちます。
歯科治療での苦痛や恐怖心を強くお持ちの方や、嘔吐反射のある方、小さなお子様など、歯科治療をリラックスして受けて頂くのが、笑気麻酔鎮静法です。
鎮静作用に加えて鎮痛作用を持っております。

リラックスすると共に痛みも感じにくくもなります。低濃度の笑気ガスと高濃度の酸素を混合し、鼻から注入します。
分かり易く言うと、酸素カプセルに入っているような感覚になります。効果はすぐに現れますが、消失も早いので、診療後にはすぐに抜けてしまいます。

笑気麻酔鎮静法を行った治療の後、お仕事や車の運転などにも差し支えありません。

治療機器の画像
MENU