インプラントインプラント

インプラント

IMPLANT

インプラント

インプラント治療とは、歯が抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。
埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかり固定されます。

インプラントとは?

虫歯や歯周病など、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりを、骨に埋め込んで補う治療方法をインプラントと言います。
インプラントは、アゴの骨にチタン製のネジを埋め込み固定し、その上に歯の被せ物をして人工の歯を作ります。そのため、自然歯に近い状態にできるのもインプラント治療の特徴です。

「ネジを埋め込む」という表現から、インプラント治療に不安を覚える方もいますが、診断をきちんと行った上で行うインプラント治療は、非常に安全です。
インプラント治療は、失った歯の機能を取り戻すことを確立させた治療法です。

歯が失われたままで
起こりうるリスクとは?

  • 食事が美味しくなくなる
  • 頭痛や肩こりの原因
  • 顔の輪郭や表情の変化
  • 認知症の進行
  • 口元が気になってしまいコミュニケーションや
    対人関係への悪影響
 

当院における
インプラント治療の特徴

Feature

当院のインプラント治療は最終的にしっかりと噛めること及び審美性の回復を重視したトップダウントリートメントといわれる治療方針をとっております。
治療期間が長くなることや、費用が掛かることはありますが、その分信頼性の高いと治療方法です。

トップダウントリートメント

トップダウントリートメント (補綴主導型インプラント治療) 歯がない部分を補う治療方法を補綴(ほてつ)といい、歯を補うものを補綴装置と言います(よく言われるかぶせ物の一種)。
インプラントは補綴装置の一つです。
トップダウントリートメントとは最終的な補綴装置の形態や位置を決めてから、補綴装置に合わせてインプラントの埋入方向や位置を決めて顎の骨に埋入し、理想的なかみ合わせの状態を目標とする治療方法です。

インプラントガイド

理想的なかみ合わせや補綴装置の形態を作ることで、インプラントに過度に負荷がかかったり、歯の形態が悪いためプラークコントロールが難しくなったりすることを防げるため、長期的な維持安定にとって有利になります。
そのため当院でのインプラント治療は、すべての患者さんに対して模型、かみ合わせ、CTのデータを元に診査し、理想的な埋入方向や位置を決めて手術用ガイドを作製し計画通りに、しかも精度の高い治療を安全に行っています。

インプラント治療の
メリット

Merit

インプラント治療をするかどうか悩んでいる方は、インプラント治療によって得られるメリットを知っておきましょう。

1

食事が美味しい!

自分の歯と変わらない感覚で噛めるため、なんでもおいしく食べられます。

しっかりとご飯を食べる
2

自然歯と同じで歯磨きを
行うだけでOK!

歯磨きを行うだけでいいので、お手入れも楽です。

笑顔のイメージ
3

他の歯に負担がかかない!

入れ歯のために金属をかけたり、ブリッジの治療のために隣接する健康な歯を削ったりする必要がなく、インプラントがしっかり噛み合わせを支えてくれます。

なるべく歯を削らない
2

自信が持てる!笑顔が増える!
積極的になれる!

入れ歯のバネなども見えないため、見た目もご自分の歯と見分けがつきません。

笑顔のイメージ

インプラント治療の
デメリット

Demerit

1

外科手術を伴う治療である

インプラント治療には「顎の骨の中に埋め込む」という外科手術が必要です。麻酔を使用して治療するので痛みはありませんが、術後の腫れ・内出血などの可能性があります。

治療画像
2

インプラント治療ができない
場合もある

小さなお子様や、妊娠中の方にインプラント治療はできません。
また、重度の糖尿病や骨粗鬆症方など病気の既往歴のある方なども治療ができない場合があります。

悩む女性のイメージ
3

治療の費用がかかる

一部の特殊な場合を除き、インプラント治療は保険適用できません。
基本的に自費診療となるので、費用が高額になります。

治療の費用がかかる

従来の治療方法
(インプラントをしない
場合)

失った歯を補う治療でインプラント治療をしない場合の治療方法は以下のような治療です。

ブリッジ治療
(1本歯がない場合)

失った歯を人工的に作り、両隣の健康な歯を削って固定します。短期間で行える治療ですが、健康な歯を削るため歯へ負担がかかります。また、歯を失った部分の歯茎が痩せていきます。 保険診療に対応している治療法です。

入れ歯

  

部分入れ歯
(2本〜数本の歯がない場合)

人工的に作った歯を金属につなげ、他の歯に引っ掛けて失った歯を補います。
短期間で行える治療方法ですが、金属のバネの部分が見えてしまうので見た目によくありません。バネによっては健康な歯を傷つけてしまう恐れがあり、違和感や他の歯を傷つける原因にもなります。歯を失った部分の歯茎は、痩せていきます。保険診療に対応している治療法です。

入れ歯

  

入れ歯
(ほとんどの歯が残ってない
場合)

治療期間は短くて済みます。しかし、硬い物を噛む力や安定力が劣ります。
ズレなどが生じて、歯茎を痛めてしまったり、味覚不良や顎全体の骨が痩せてしまうなどの健康維持に影響する場合もあります。 保険診療に対応している治療法です。

入れ歯

  

インプラント治療の種類

Treatment Type

1

1本の失った歯をインプラントにする場合
(従来のブリッジ治療に該当する場合)

失った歯の隣にある歯など、健康な歯を削る必要はありません。
失ってしまった歯の部分だけをインプラントで補います。

口腔内診査
2

奥歯や数本の失った歯をインプラントにする場合
(従来の部分入れ歯治療に該当する場合)

失ってしまった歯の部分を一本ずつインプラントで補います。
留め具や見た目などに違和感を感じることはありません。硬い物の咀嚼ができます。
しっかり固定されるため、ズレてしまって痛むなどのトラブルが生じません。

歯の模型
3

失った歯全てをインプラントにする場合(従来の総入れ歯治療に該当する場合)

使っている総入れ歯が
安定しない場合

入れ歯の支えにインプラントを使用することで、安定した入れ歯になります。

CTスキャン

入れ歯を使わない場合

一本一本、インプラントを埋め込むため、自分の歯と大差なく噛めるように
なります。入れ歯のように外れることはありません。

CTスキャン

インプラント治療の流れ

Treatment Flow

1

診査・診断

レントゲン写真・口腔内写真・歯型の採得を行います。

口腔内診査
2

診断用ワックスアップの製作

模型上で歯を製作し、シュミレーションしたものを
患者様と一緒に確認していただきます。
その模型から、予定した位置にインプラント入れるために
必要な装置(ステントといいます)を製作いたします。

歯の模型
3

インプラント手術の精密診断
(CT断層撮影)

ステントを入れて、CT撮影をいたします。
このデータから、インプラントを入れる位置など再確認し、
インプラントの長さなどの決定をします。

CTスキャン
4

インプラント1次手術

歯ぐきを開き、インプラントを埋め込む手術を行います。
終了したら歯ぐきを閉じます。
骨が足りない場合は骨を増やす手術も同時に行います。

治癒期間(約2~6ヶ月)
…骨とインプラントがしっかり結合するまで待ちます。

インプラント体の埋め込みイメージ
5

インプラント2次手術

インプラントが骨と結合したら、
再度歯ぐきを開きインプラントの頭を出します。

治癒期間(約2週間~1カ月)
…歯ぐきが治癒するまで待ちます。

手術イメージ
6

歯型採得

被せ物を製作するための、型取りを行います。
その模型で、インプラントの上に取り付ける人工歯を製作します。

型取りイメージ
7

完成

インプラントの歯を装着し、メインテナンスに移行します。

上部構造の取り付けイメージ

インプラント料金表

Treatment Price

内容 価格(税込)
インプラント相談料 無料
検査・診断料 11,000円
手術用ステント(ガイド)作成料
※インプラントを正しい位置に入れる為の装置。
55,000円〜
※入れる本数により料金が変わります。
インプラント手術+
人工歯
418.000円〜
※人工歯は種類により料金が変わります。
GBR
※骨の高さや厚みなどを補う、骨造成手術
55,000円〜

※症状や治療内容により、インプラント治療の費用には個人差があります。初診の場合は、別途・初診料が必要です。費用の詳細については、お気軽にご相談ください。

インプラント症例

CASE1

治療前

治療後

           
症状について
主訴 左下の奥歯が
腫れて痛い
治療期間 約9カ月
治療費 451,000円(税込)
治療内容 破折した歯を抜歯後、治癒期間を経てからサージカルステントにてインプラントを埋入
治療のリスク 一次的な痛みや
腫れなど

インプラント治療の
よくある質問

Treatment Questions

治療期間は平均どれくらい
ですか?

通常、4~6ヶ月ほどの治療期間です。個人差により、治療の期間は大幅に変動する場合があります。
※口腔内環境が悪い場合には、他の歯の治療を先に行ってからインプラント治療をすることもあります。

インプラントはどのくらい
持ちますか?

インプラントは純チタン製で、大変丈夫にできています。定期的な検診と毎日のお手入れをしっかりしていれば、長期間使用できます。

年齢に制限はありますか?

一般的に骨の成長がほぼ完成すると言われる16歳以上の方で、条件を満たしていれば年齢に上限はありません。既往歴や糖尿病・骨粗鬆症などの疾患の程度によって、インプラント治療ができない場合もあります。詳しくは担当医にご相談ください。

インプラントの痛みについて

「骨の中に埋め込む」と聞くと、痛みや恐怖を感じる方が大半です。実際の痛みとしては、「親知らずを抜く」程度の感覚と言われます。インプラントの手術は、抜歯と同じように局部麻酔で行います。そのため、手術中の痛みはほとんどありません。術後、麻酔が切れたときや腫れなどが見られる場合もありますが、数日で治ります。痛み止めの処方もできます。

その他、インプラント治療について、疑問や不安・心配なことがある場合には、当院に気軽にご相談ください。

   
MENU