マイクロスコープ マイクロスコープ

     

マイクロスコープによる
歯科治療


MICROSCOPE

マイクロスコープ

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは手術用顕微鏡のことをさし、脳神経外科や眼科の手術など精密な手術を必要とする場合に使用されるものです。
肉眼の約20倍まで視野を拡大することができます。

マイクロスコープの
メリット


Merit

1

精度の高い治療が可能

マイクロスコープを使用することにより、これまで目視することができなかった部分まで高倍率に拡大された視野で確認しながら治療を進めることができます。
また、処置されることなく見過ごされてきた小さな虫歯や歯の破折、神経の根の奥の部分などの発見・処置に繋がり、より精度の高い治療が期待できます。

精度の高い治療が可能
2

健康な歯を削らない

マイクロスコープは肉眼の約20倍まで拡大できるため健康な歯を削らず、虫歯の部位のみを削るMID(ミニマルインターベンションデンティストリー)が実施可能です。
また、歯に目に見えないひびなどを見つけることができるため、その部位が悪化することがないような予防対策を講じることができます。

健康な歯を削らない
3

治療部位をモニターで
確認できる

マイクロスコープには動画撮影機能が付加されており、治療前および治療後はもちろんのこと術中の状態も記録することができます。
これにより、患者様が自身の治療部位の状態を見ることができます。
この記録画像を見ながら、医師のコメントや自身の歯の状態変化などを認識することができるため、患者様の意識改善にも一役買っています。

治療部位をモニターで確認できる

マイクロスコープの
デメリット


Demerit

1

チェアタイムが長くなる

マイクロスコープを治療部位へ適用することは、該当部位における細部にまで注意しなければならないということです。すなわち、細かい作業が要求されるため、1回あたりの治療時間が長くなる傾向があります。

チェアタイムが長くなる

マイクロスコープと肉眼で
治療する場合の違い


difference

マイクロスコープ 肉眼
見える範囲 大きい(広い)、
鮮明
小さい(狭い)、
不鮮明
明るさ 明るい 暗い
治療の質 高い 不明
虫歯の再発生率 低い 不明
ユニットの写真
MENU